2015年12月20日日曜日

(((LIVE SCHEDULE))) 2015.12 ※12/20 更新

12/23(水・祝)【大阪】@堺・ROUTE26 (弾き語り)
「Sound Extra Vol.5」

OPEN 17:00 / START 18:00

◆CHARGE:
1人=\1500-、2人=\3000-、3人=\3000-
※3人でご来場の場合、チケット価格が1人分無料!

【LIVE】
PIKA☆×小澄源太
マッカーサーアコンチ
OBUTSUDAN-SUMINO
tatalaYAVZ
Parallelogram

【出店】
「出来事としての珈琲」屋


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※会場名をクリックすると地図が表示されます※
チケット予約、お問い合わせは


obutsudan_sumino@icloud.com

もしくは右記お問い合わせフォームからお願いします。


2015年9月25日金曜日

【お知らせ】マッカーサーアコンチに入りました。



いま2年ぶりにバンドをしています。


始まってから8月にOne Music Campと梅田クアトロの2本のライブが既に終わったのですが
今まで自分のバンドやソロ活動の中で、節目節目の大事なイベントの時には必ず2つ返事で出てもらってた大好きでマックスリスペクトしているバンド、


マッカーサーアコンチにギターのメンバーとして加入しました。


アチャコさん、アイさん、KTRさんに加えて
nayutaの宮本さんや、tatalaのシゲちゃんも居て超刺激的なメンバーです。


活動再開の時にアチャコさんがコメントしていた「ゴリラも踊り出すような耐久性のあるカッコいいやつ」を目指してどんどん作っていってます。


これからもよろしくお願いします。


【バンドの活動情報はこちらから】
http://macarthuracontti.ciao.jp/



2015年9月6日日曜日

(((LIVE SCHEDULE))) 2015.9 ※9/6 更新



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
9/18(金)【大阪】@東心斎橋club STOMP (PC solo)























KATAPAN!

OPEN/START 22:00 

【前売/当日】2000円(+1drink別途)

【LIVE】
BLOWBOHEMIA
OBUTSUDAN-SUMINO
CASIO☆トルコ温泉
白丸たくト

【DJ】M.Hisataakaa (Miami Bass Set)
DJぎゃ (Soca Set)
MNエクスペリエンス
foryou (R&B Set)
Cabot

【会場】 大阪府大阪市中央区東心斎橋1丁目13−32 ‎
06-6245-0889 ‎
club-stomp.com

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※会場名をクリックすると地図が表示されます※
チケット予約、お問い合わせは


obutsudan_sumino@icloud.com

もしくは右記お問い合わせフォームからお願いします。

2015年8月16日日曜日

夏が終わろうとしている。

弟が音楽を辞めたらしい。



昨日の夜、お盆のお墓参りで実家に帰った時に、母親から聞いた。
弟はもう今住んでる家に帰ったあとだった。




弟は僕の3つ下で、いろんな仕事をしながらバンドのギターボーカルをやっていた。



悔しいが正直に言って、そのバンドは僕よりも断然人気があったと思うし、CDやTシャツなどを作って立派にバンドカーでツアーをしたりしていた。



そしてさらに悔しいが正直に言って、弟は僕よりも歌がうまく、自分の思っていることを歌に変える能力や、その熱量を人に伝える能力があったように思う。





弟が音楽を辞めた。






僕と弟は昔、一度だけ本気で喧嘩をしたことがある。もう15年くらい前だと思う。

それはお母さんが作ったご飯を、弟が平気な顔をして残した時だった。その日お母さんは体調を崩して寝ていた。
体調を崩していたのに、その日の夕食をきっちり作ってくれていた。

僕は『食えや!なんで残すねん!食えや!』と怒鳴って弟につかみかかった。弟は本気で抵抗してきた。最終的には僕が弟を羽交い絞めして無理やり反省させた。そんな喧嘩だった。


僕と弟は、小さいころはよく一緒に遊んでいたが、高校に上がったくらいからほとんど会話をしなくなった。同じ家で、もちろんお互いの存在を認めてはいるが、同じくらいに煙たがるような空気があった。それぞれがそれぞれに自分の空間を大切にしたかった。



やがて僕の後を追うように弟が青春パンクと呼ばれる音楽を熱心に聴き始め、いつの間にか自分の歌を作り、自分のバンドを組んでいた。



お互いが音楽活動を生活や気持ちの中心に置くようになった、僕が20代後半にさしかかるころ。


僕と弟はあの頃とはまったく別の距離感を抱えて、また会話をするようになった。


僕が実家に帰った時、リビングで二人きりになれば決まってお互いの音楽活動の話をした。




最近どうや?

どこのライブハウス出てるん?

お客さんは増えたか?

この先どうやって行ったらいいか?

抜けたメンバーの穴は埋まりそうか?

一人でもライブはやっていくのか?





二人で実家の近所の銭湯に行ったこともあった。露店風呂につかりながら、また決まって同じような話をした。







昨日、半分荷物置きになっていた僕の実家の部屋に行ったら、弟の物がごっそり姿を消していた。





ギター

エフェクター

グッズのバンドTシャツ

売れ残ったCDの山

撒き残った主催イベントのフライヤーの束



母親によれば、
その他の機材は捨てたり、友達に上げたりするらしい。

金髪で長くしていた髪は今はもう黒くて短い髪になったらしい。






そんな話を聞いた次の日の朝、




ボリュームをぐっと落とした
生き残ったセミたちは、まだ熱心に鳴いていた。











夏が終わろうとしている。






夏が、終わろうとしている。

2015年8月12日水曜日

NOURYOU

普段の打ち込みソロのライブではとても速いテンポでやっている『CODAMA』という曲がありまして。

元々はゆったりした弾き語りの曲です。


少しずつ撮りためていた映像と一緒に、短くまとめたアレンジでyoutubeにアップしました。

MVってほどの物ではないですけども、夏のこのタイミングに聴いていただきたく。


日本のお盆はじまる。納涼!






ライブ撮影:Swan Park

去年の韓国でのライブを収めてくれたスワン君の映像を使わせてもらいました。


2015年8月8日土曜日

OBON

夏の夜コンビニの前

バチっと

僕の身体にいきなり何か小さいものがあたって コンクリートの地面に落ちた

それは

セミだった

ひっくり返って もう飛べなくなっていた

つかんで茂みに放した

だけど

夏が終わろうとしている

夏が終わろうとしている

2015年8月7日金曜日

高松にて。

昨夜の岡山を終えて、今日は高松。

リハーサル後。今日同じイベントに出る人とおしゃれな古民家カフェに来てみた。

が、怖い。。刺青だらけやし。

パンクス。。

けど良い人。。。

2015年8月2日日曜日

(((LIVE SCHEDULE))) 2015.8 ※7/21 更新



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
8/6(木)【岡山】@岡山ペパーランド (PC solo)

ViSiON!

OPEN 19:30  START 20:00 

【前売/当日】1800円(+1drink別途)

【LIVE】
お仏壇のすみの
n-style
田淵祐喜
shirabe inoue
ホムラ
apples

【会場】
〒700-0011 岡山市北区学南町2-7-4
TEL:086-253-9758

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8/7(金)【香川】@高松TOONICE (PC solo)


OPEN 19:30 START 20:00

【前売】1500円 【当日】2000円(+1drink別途)

【LIVE】
OBUTSUDAN-SUMINO (大阪)
カイワレ23号 (岡山)
NO MUSIC NO BEAR (岡山)
imagenos (岡山)
pianocoat (徳島)
Kazuya Matsuzaki 
DJアパッチ 


【詳細】
http://impulse-records.main.jp/toonice/?p=3627

【会場】香川県高松市亀井町8-8 森崎ビル B1F
http://impulse-records.main.jp/toonice/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※会場名をクリックすると地図が表示されます※
チケット予約、お問い合わせは


obutsudan_sumino@icloud.com

もしくは右記お問い合わせフォームからお願いします。

2015年7月16日木曜日

【お知らせ】かもめんたるさんの新作DVDの音楽担当をさせていただきました。

このたび7月15日発売の、かもめんたるさんの新作コントDVDの音楽担当をさせていただきました。


各コントのタイトル用の短いBGMやオープニング/エンディングなどいろんな箇所の音を作りました。

昔作り貯めてた音から切り取ったものや、OCTAVIOの太郎タビオが元を作ってくれたのもあります。


制作が決まってから、今回の話をくれたマッカーサーアコンチのアチャコさんと一緒に1月に大阪HEP HALLの単独公演を観に行かせてもらったり、今までに発売されてるDVDとかyoutubeで何十本ものコントを観て、完全にファンです。。





ぜひ、チェックしてください!




かもめんたる第16回単独LIVE 「抜旗根生~ある兄弟の物語~」 [DVD]

http://natalie.mu/owarai/pp/kamomental

http://natalie.mu/owarai/news/144555



2015年6月26日金曜日

UUU

今年は青森のねぶた祭りも行きたいし、



高知のよさこい祭りも行きたいし、



もちろん毎年恒例の阿波踊りにも行きたい。



が、遠征のライブが入っていたり(ありがたい)、



福島での催しに誘ってくれていたり(詳細不明)



ベストな調整にあくせくしている。全部成立させたいぞ。



夏が来てる。




あはは



ううう。

2015年6月14日日曜日

OBENKYO

しっかりとした具体的な目的や目標、こうなりたい、こうでありたいという願望や、純粋な興味などがあって、それを成し遂げるため、少しでも近づくための手段としてなされるべきが本来の『勉強』というものだよな。

だとしたら僕がやってた、なんとなくの気持ちだけで高得点を叩きだし続けてた、高学歴を手にしたあの学校のお勉強はいったい何だったんだ?浅い所には「あの高校に生きたいから」とか「あの大学に行きたいから。」とかはあったと思うけど、その下に根本的な意思がどこにも無い。

なんだかむなしいなあ。

(((LIVE SCHEDULE))) 2015.7 ※6/14 更新

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 



7/18(土)【島根】@松江 伊勢宮 MIZ (PC solo)

『WORLD'S END』

OPEN/START 20:00

【前売/当日】 2000円 (+1drink)

【LIVE】
OBUTSUDAN-SUMINO
georges duboeuff
オルガンフラニーとヨーヘイボーイズ

【DJ】
nobuko
LUI
えるえる
ナメメメ

【会場】松江市伊勢宮町501-35 城観光ビル2F
0852-26-5522

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※会場名をクリックすると地図が表示されます※
チケット予約、お問い合わせは

obutsudan_sumino@icloud.com

もしくは右記の お問い合わせフォームからお願いします。

2015年6月5日金曜日

(((LIVE SCHEDULE))) 2015.6 ※6/5 更新

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6/11(木)【大阪】@扇町para-dice (solo)

OPEN  18:30 START 19:00

【前売/当日】 1000円 (+1drink)

【LIVE】
森本ショーン
OBUTSUDAN-SUMINO
中井大地(東京)
佐古勇気(東京)
くビれ

【会場】〒530-0041 大阪市北区天神橋4-7-30 B1
06-6357-4681
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※会場名をクリックすると地図が表示されます※
チケット予約、お問い合わせは

obutsudan_sumino@icloud.com

もしくは右記の お問い合わせフォームからお願いします。

2015年6月1日月曜日

HONKI

人生における本気の出し方。命の燃やし方。


それが昨日結婚式を挙げた友達、が、僕に教えてくれたこと。見つけさせてくれたこと。


一生の宝物やん。

2015年5月15日金曜日

NGOMA

宮崎県の日向という地域に、【日向ひょっとこ夏祭り】というお祭りがある。
行事としてきちんと形式化されたのは昭和59年、僕が生まれる1年前に生まれた祭りだから伝統的というにはちょっと若すぎるかなあというくらいのお祭りだ。


何年も前から気になっていたけど、一昨年に福岡の友達に声を掛けてやっと行くことができた。


この祭り、公式ホームページに記されている表向きは『豊作と商売繁盛を祈願する』という意味づけや、『地域の活性化』『伝統文化の継承』『観光発展』という目的など、どこの祭りにもだいたい共通しているような設定を持って毎年8月に催されているのだけど、調べているうちにあまり広くは知られていない設定があるらしいことを知った。




僕はこの設定をこそ好いている。




そもそもこの設定を知る以前に、祭りの外見自体に他の祭りには無い珍妙な縛りというかルールがあった。


鐘や太鼓のリズムの和笛のメロディーに合わせて、
列の先頭を1人のキツネ役がキビキビと男らしく踊り歩き、そのあとを1人のおかめ役が女らしくしなしなと踊りながら着いていく。
そしてそのおかめを追いかけるように大量のひょっとこ役が情けなく下半身を揺らしながら踊り歩いていく。ひょっとこ面の表情も相まって非常に情けなく滑稽に練り歩く。


この一連のルールに基づいて大小さまざまな団体が同じパターンの様相で街を練り歩く。


この決まり事にどんな意味があるのか?公式ホームページでは一切触れられていない。



だけど気になる。


そして分かった設定。というかストーリー。




『村一番の美人「おかめ」は村の男(ひょっとこ)どもの憧れの的だった。そんなおかめを射止めたのは「ひょう助」という一人のひょっとこであり、二人は夫婦になった。

ある日二人は子宝祈願のためにお供え物を持って神社に参拝へ。朝早くから二人がどこへ出かけるのか、未練たっぷりの他多数のひょっとこどもは何をしているのか気になり、隠れて二人のあとを着けて来ていた。

二人のお供え物の赤飯を勝手に拝借した空腹の宮司に神様が怒り狂い、キツネの姿になって現世に現れた。
が、美しいおかめに気付き、手招きをして誘惑を始める。

お祈りをしている最中。おかめがキツネの誘惑に気付き、たいそう魅力的な男性であると感じた。まんまとおかめはキツネに一目惚れ。キツネが手招きしてどんどん歩いていく姿を見て、おかめは夫をほったらかして追い掛け始める。
それに気づいた夫のひょう助は驚き慌てふためく。”おいおいおい。待っておくれよおかめさん。俺がお前の夫だよ。キツネなんかにたぶらかされるんじゃあない。”

お構いなしに歩を進めるキツネ、それを追うおかめ、またそれを追うひょう助。そしてさらにひょう助を共におかめを追う、おかめに惚れている他の村男多数。』


その様を描いた祭りらしい。
正直なんじゃそりゃと思う部分もあるけど。
























いやひょっとこ、めっちゃかわいそうやん!!!!


目の前で軽く浮気されよった~



せつない。わびしい。











つまりひょっとこ夏祭りとは、『目の前で妻に気移りされる夫とその他の未練がましい男たち』
を描いたお祭りなのだ。
滑稽だ。せつなすぎて笑える。こうなったらもう一緒になって踊るしかない。




古くから日本のさまざまな農村喜劇のピエロ役を演じてきたであろうひょっとこ。
ピエロは自分の感情を封じ込め、ただただ滑稽な自分を演じて人に笑われることで自分の存在を見出している。

しかし色恋沙汰のこの役回りはかわいそうすぎる。でも決して他人事に思えない。
共感すら覚える。そんなやつがひょっとこなのだ。






祭りとは一見楽しいようで実は結局虚しい催しだ。

悲しくて厳しい現実世界から逃げて陶酔する手段だ。豊作や商売繁盛祈願などは僕にとっては二の次だ。だって僕は農家でもなければ商売人でも無いからね。


世間は欲の塊だ。いや何より僕自身が欲の塊だ。日常はめんどくさいことだらけであり、分かち合えないことだらけだ。日常は虚しさに満ちている。


だけど祭りの世界に没頭している時にだけこの虚しさを忘れられることができる。
そしてその思いは多くの人とは分かち合えないかもしれないけど、それでも誰かと何かを分かち合いたいという気持ちにさせてくれる。





祭りで一番泣けるのは、どんちゃんわいわいと盛り上がっているピークタイムなどではなく、それまで鳴り続いていた音楽が止まり、騒いでいた楽しげな人々が解散し、華やかな電飾が消されて完全な夜がやってくる瞬間だ。想像しただけで胸が締め付けられる。撤収作業なんて悲しすぎて見れたもんじゃない。


祭りの準備は楽しいが、終わりは悲しい。




祭りが終わると明日からまた日常がやってくる。死にたくないと思う限りは希望を求めて生活を続けないといけない。
日常はえらく恐ろしい。何かに気持ちを傾けていないと虚しいことばかりだから。


だからまた僕は逃げるんだ。死ぬまで逃げ続けるんだ。

逃げて逃げて、生まれ育ったあの祭りの街で味わったあの頃の寂しさを、
いつか祭りで埋められたらと思っている。





ほぎゃー!!!!!

2015年5月12日火曜日

KAMOSHIRENAI

自分は自由だと思い込みながら、自分の思考に縛られて生きているのかもしれない。
自由なんてただの妄想かもしれない。

次のライブは5月30日かもしれない。

久しぶりに太郎と2人でステージにあがるかもしれない。

新体制が出来上がってくるかもしれない。


かもしれない。

(((LIVE SCHEDULE))) 2015.5 ※5/12 更新





















5/30(土)【大阪】@東心斎橋CONPASS

『Synap×巡音彩祭 vol.3』
-psybavaJAPANrelease TOUR-

OPEN 18:00 START 19:00

ADV:¥2500(D別)
DOOR:¥3000(D別)

【LIVE】
psybava
バーバーフィッシュ
Senkawos
OBUTSUDAN-SUMINO

【FOOD】
Curry & Cafe Warung

【DJ】
jun1(vongsign / SYNC)
and more...

【会場】
大阪市中央区東心斎橋1-12-20 シキシマビルB1F
TEL:06-6243-1666

【詳細】
http://www.conpass.jp/5953.html



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※会場名をクリックすると地図が表示されます※
チケット予約、お問い合わせは

obutsudan_sumino@icloud.com

もしくは右記お問い合わせフォームからお願いします。

RAKUEN-BEIBE

自分の好きなことを見つけてそれに没頭している時間というのは本当に幸せで、これさえあれば他に何も要らないとさえ思える時間なのだけど、それって


厳しく悲惨で辛い現実世界から逃げてるだけなんじゃないのか?


と思うこともある。実際そうなのかもしれない。

けど僕は逃げる!ちょいちょい現実と向き合っているフリをして逃げ切るぞ。

2015年5月10日日曜日

TAIYAKI-KUN

SNSに疲れた。ちょっと休む。

言うてることはわかる。だからちょっと休む。


最近熱中してることがあって、時間を掛ければ掛けるほど形に成って残っていって、人を喜ばせる道具に変わって行く。そのあれこれが素晴らしすぎて他の今まで頑張っていたいろんなことがどうでもよくなってしまった。

今まで自分が作り上げていくものでここまで熱の入った、自信の持てる物はあっただろうか否無い。けれどこれは完成した所で一銭にもならない。今後につながる何かとかそういった類の物でもない。


毎日毎日、僕は歓喜の中に居る。完成してしまうのが怖い。

このままずっと完成しないままこの作業に没頭できたら、僕の人生はマックス最高だ。

けどいつか終わりはやってくる。然るべきゴール(というか締切)が見えている。

終わることを考えると寂しい!けど今は最高に楽しい!やる。

2015年5月8日金曜日

PAIMAN

誰にしょうもないと思われても、セオリーの逆だと分かっていても、自分の中の正解がそうだと感じたらそうするよ。完全に呆れて見放されるまで安心させないよ。批判されてる内はまだまだ逆転の可能性に溢れているはずだから。

有り得ないと思われる価値観でも自分が信じてる限りは出していくよ。

そんなことしてたら、世間一般への大きな結果は出ないかもしれないけど、ぐるぐるに巻かれて妙に出来上がってしまった所に落ち着くよりも、どこにも辿り着かないまま漂流してた方がマシ中のマシだよ。

自分の違和感センサーに嘘ついちゃいけない。全部行動に表さなくっちゃ。

こんなやつが一人くらい居たって良いでしょう。それでも魅力的でありさえすれば、きっと着いてきてくれる人は居る。



ヤマン!リスペクト!

2015年4月29日水曜日

WATASHI NO SHIAWASE

心から自分がやりたいことばかりで予定が埋まり、時間と労力を使い、それで

ああ忙しいなあ と思っている時間は

とても幸せだ。僕の命が沸々と燃えている感覚が確かにある。

一生手放したくないものだ。


それさえあれば、僕は人生を全うできる。そう思っている。


(お金?お金はあんまり使わない。使ってもその分貰う。それだけの価値があることをやる。)

2015年4月26日日曜日

SORATO

ある友達と僕の相違点と共通点を最近しばしば考えている。
自分と他人を比べて落胆するという、実に残念な時間だ。けどその先に何らかの希望を見つけたくもある。たくさんの人に見られているブログでもないし、読み返したいときに便利だからメモ程度に書いておく。


彼は根っこが陰(イン)であり表面的にも陰を表現する。もしくは陰の中にある一筋の陽。その姿は素直で真摯に映る。

僕も根っこが陰だが、表面的には理想の世界に浮かんでいる陽を表現する。自分の中の陰に否定的な立場を取る。いささか、くさいものはフタ的だ。その分、鋭い人にはうさんくさく映っているかもしれない。



彼は駄目な自分を表に出すことにほとんどためらいが無く、表現のネタにしてしまえる。自分と向き合えば向き合うほどネタが溢れてくる。

僕は駄目な自分を恥じることが多く、表現のネタにはしない。できない。理想の世界ばかりを追いかけていてもすぐにネタは切れる。既に息切れ状態だ。


彼は作ることが好きだが、それを人前でいかに魅せるかにはあまり興味がない。

僕は作ることがあまり好きではなく、出来上がったものを人前でどう魅せるかに興味がある。


その違いが何を生むのか。








結果、少数ながらも彼の表現を根強く支持する人が生まれている。それはとても近くで寄り添っているように感じる。僕はそんな彼を尊敬せずにはおられない。

僕には、それが無いのじゃないかと思う。一見さんで気に入ってくれた人は日本各地にたくさんいるけど、太く継続している感覚が無い。
もしかしたら僕は少なからず今まで支持してきれくれた人をどこかで裏切ることを繰り返してきたんじゃないだろうか。


やりたいことが変わったから、やることを変える。



それは僕の勝手だが、ころころと様相を変えていると、人に魅力を感じてもらい感じ続けてもらうことはどんどん難しくなる。僕にブレない芯があるのかということさえ疑わしく、きっと周りの人も僕の何を評価したらいいのか分からないのだ。僕の変化に僕さえも着いていけてないのかもしれない。


それに気づくのが本当に遅かった。何年もかかった。おかげでバンドのファンで居てくれたあの人やあの子はもう僕の近くには居ない。一人も居ないと言っていいくらいに居ない。
大阪でライブをしたって自発的にライブ会場に来てくれる人もほとんど居ない。どうしたものか。


このブログだってそうだ。やりたての頃はツアー中のあれこれを面白おかしく書いたら楽しんでもらえるんじゃないかと思って書いてたけど、最近はもう書いてない。

あの頃はブログがおもしろいと声をかけてくれる人がわずかにいたけど、今こんなツイッターにもフェイスブックにも書きたくないような独り言をふつふつと書いているようなパッとしないブログ、楽しんでくれてる人なんているんだろうか。どうしようもないね。ちゃんちゃん。

2015年4月21日火曜日

BACK TO THE HUMAN

昔から大人しい子供だったのは、失敗や批判や怒られることを恐れて感情を押し殺して生きてきたからじゃないだろうか?

という仮説。その結果、僕は長年の間「自分の意見がない、わからない。」「長いものに巻かれる。」「心底やりたいことがわからない。」という人生を歩いてきた。自分の失敗談や情けない話を笑い話にできない。本当はプライドが高いのに取り繕って良い人そうな顔をして恥ずかしいことを隠しているのだ。クソだなあ。

今だって別に、それがひっくり返ったわけではない。基本的にはそうだ。感性は鈍く頭の回転は遅い。

今からでも巻き返せるだろうか?


感情のままに生きれたら。





などどネガティブめなことを思いつつも僕は毎日幸せですし。歓喜をくれる人が回りにいっぱいいて、いい具合に毎日悔しくて、生きたくて生きたくて仕方が無い。うへ~



(((LIVE SCHEDULE))) 2015.4 ※4/21 更新


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




























4/19(日)【島根】@松江・大根島HOME

『アライバリズム~世界のはじめに連れてって~』

場所:島根県松江市大根島HOME野外会場(松江市八束町入江88)
荒天時:鳥取県米子市HASTA LATINA(鳥取県米子市東倉吉町134-2 金田ビル)

時間:14:00-20:00

LIVE:SEBASTIAN X / うみのて / 森山らきあ(BAND SET)

DJ:LヨF / GOLD / CACAO / エンペラー梅木

LOUNGE LIVE:WONDER WONDER / OBUTSUDAN-SUMINO

だいこん商店街:アジパイ / きつね食堂 / 募集中

料金:◎前売り3000円/当日3500円

※ドリンクチャージは要りません
※20歳未満入場無料
※入場時要身分証

【詳細】
http://blog.goo.ne.jp/gotoukenta_1983/e/7ab1cf44b9b6a2a258399dec754d2ca0

【タイムテーブル】
14:00 START / 20:00 CLOSE
14:00-14:45 DJ LEF
14:45-15:30 DJ GOLD
15:30-16:10 森山らきあ
16:10-16:40 DJ CACAO
16:40-17:40 うみのて
17:40-18:10 DJ エンペラー梅木
18:10-19:20 SEBASTIAN X

【LOUNGE(室内)】
※室内の休憩スペースです。2組のミニライブを楽しむことができます。
※ドリンクは、ここでGETできます。
14:45-15:05 WONDER WONDER
16:15-16:35 OBUTSUDAN-SUMINO

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・










4/28(火・祝前日)【大阪】@アメリカ村・GRAND Cafe

『ABENO CIRCUS'15 AFTER PARTY』

21:00〜MID NIGHT
DOOR:2000YEN with1DRINK

【LIVE】
ゲッカンプロボーラー
gomes with ピルバグス
OBUTSUDAN-SUMINO
Noz
TAISUKE
cice
ANALOG4

【DJ】
BLUETREExxx(ABENO CIRCUS実行委員長)
TAIKI*(ABENO CIRCUS副実行委員長)
カマタ (ABENO CIRCUS副々実行委員長)
OGU
monotone
Ben
#703
平野乃莉香
ARICA

【会場】
大阪府大阪市中央区西心斎橋2丁目10-21 スパジオビルディング B1F
TEL 06-6213-8637
大阪市営地下鉄 各線「心斎橋駅」より徒歩5分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※会場名をクリックすると地図が表示されます※
チケット予約、お問い合わせは


obutsudan_sumino@icloud.com

もしくは右記お問い合わせフォームからお願いします。

2015年4月2日木曜日

ABENOABENO

サーキットフェスは、お客さんに普段のイベントとは何か違うスイッチが一個入ってるんだな。
なんやろう、自由のスイッチかなあ。なんの自由やろう、入退場自由でいろんな会場を好きに移動できる仕組みがもたらすスイッチかなあ。

自由のスイッチが入ってるお客さんが多いとき、僕のライブはいつもの数倍盛り上がる。
だから僕はもしかして人気者なんじゃないかって勘違い起こしてしまいそうになる。けどその日初めてで見たことないくらいハイテンションで楽しんでくれた人がそのあとのライブに来てくれた試しは一度たりともない。きっとその日限りの熱なのだ。ワンナイトラブだ。

けどそんな夢を見させてくれるサーキットフェスが僕は好きなのです。

2015年3月20日金曜日

(((LIVE SCHEDULE))) 2015.3 ※3/20 更新

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

































3/29(日)【大阪】@あべのROCK TOWN安倍乃荘CAFE & BAR色s

ABENO CIRCUS ’15

ROCK TOWN      OPEN:14:00 START:14:00
安倍乃荘       OPEN:12:00 START:12:30
CAFE&BAR色s     OPEN:12:00

【前売】4000円 【当日】4500円(別途ドリンク代600円必要)

【LIVE】
ROCK TOWN
-エレファントステージ-


ザ50回転ズ
cinema staff
THE BOHEMIANS
MAMADRIVE
THE TOKYO
スムルース
ZILCONIA
LIGHTINGALE
あこがれGoodBye

-モンキーステージ-

ゲッカンプロボーラー
その名はスペィド
ANALOG4
ELECTRIC MAMA
DJ智-tomo- twin DJ PETTER
BLUETREExxx
TAIKI*
Key Toy's Crew
OBUTSUDAN-SUMINO


安部乃荘
-ベアーステージ-

ホフディラン
GAKU-MC
ワライナキ
秋休
cice
gomes with ピルバグス
TAISUKE
みのべありさ
北川達也(LUCKDUCK)
ポンバシwktkメイツ

-ラビットステージ-

大谷 卓磨
HAPPY WEST STUDY
香音
堀望美
森本ショーン(OCTAVIO)
etc...

【会場】
ROCK TOWN   大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1 あべのキューズモール4F
安倍乃荘   大阪府大阪市阿倍野区松崎町2-2-25
CAFE&BAR 色s 大阪市阿倍野区松崎町2-3-15 メゾンイズミ1F

【INFO】
主催
creative works SHOCKS/CAFE&BAR 色s/ABENO CIRCUS実行委員会
http://www.abenocircus.com
https://www.facebook.com/abenocircus

日本一高いビル「あべのハルカス」がグランドオープンするなど、今大阪で最も注目されているスポット「阿倍野」。
大阪最先端のモール、阿倍野キューズモール内の「ROCK TOWN」と老舗の宴会場「安倍乃荘」を行き来する阿倍野初音楽サーキットイベント。
ROCK TOWNではバンドを中心にしたエレファントステージとDJを中心としたクラブ系モンキーステージの2ステージ、安倍乃荘ではアコースティックアーティストによるベアーステージとラビットステージの2ステージ。
また安倍乃荘の前にあるCAFE&BAR 色sではピエロのバーテンダーが出演アーティストをイメージしたオリジナルカクテルを提供するピエロステージ。
合計30組以上のアーティストが様々なステージでライブを同時開催。
最先端と古き良き時代を繋ぐ、阿倍野初のライブサーキットを要チェック!

【特集記事】



















・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※会場名をクリックすると地図が表示されます※
チケット予約、お問い合わせは

obutsudan_sumino@icloud.com

もしくは右記の お問い合わせフォームからお願いします。

2015年3月19日木曜日

NANIKA

にじみでる なにか
あふれでる なにか

ぼくには なにが あるのだろう
きみには なにが あるのだろう

2015年3月5日木曜日

ZENKYOKUSHU

演歌の全曲集って全然「全曲」じゃないよね。

2015年3月3日火曜日

AISANSAN



















昨日、天童よしみさんのコンサートを観に行ってきた。

オープン直後の会場前は50~70代くらいと思しき人生の大先輩たちばかりで超満員。

























人ごみに揉まれて入った大ホール。しっかり用意された指定席に座り、広々見下ろす大きなステージ。早くもテンション上がってペンライトを振り回してる人もいる。

14時過ぎ、ホールが暗転し、バックバンドのイントロ演奏と共に徐々にどん帳が上がっていき、
客席の分厚い声援と共に堂々と登場した純白ドレス(キラキラ付き)の天童さんが現れる。


1曲目から大ヒット曲『珍島物語』で


”海ぃぃがぁ 割れるぅぅのぉよぉぉぉぉぉ~!”とはじまり、

”負けたらぁあかんん~ 負けたらあかんで東京にぃぃぃ~”の『道頓堀人情』や発売したての新曲『いのちの人』『いのちの春』などなど1時間×2の二部構成。


曲の間奏でいきなりバック転でダンサーが登場したり、
衣装チェンジ【白→青→黄色→赤と3回チェンジのキラキラドレス!】の時間でのバックバンドとコーラス隊だけの演奏タイムも粋やった。


演歌コンサートの良さの一つ、バックバンドの演奏のクオリティがほんとに素晴らしい。
編成はギター×2(曲によってアコギ、エレキ、三味線を使い分ける)、ベース、ドラム、パーカッション(和太鼓、コンガ、多種多様なシンバル、演歌アレンジにはカーーーーッでお馴染みのビブラスラップなどの小物)、トランペット、サックス、キーボート×2、そして女性コーラス×2の豪華11人編成。

完全にプロフェッショナルな仕事を観た。客席を立って踊りたかったもんね。もんねっ!


後半では美空ひばりさんのカバーも【リンゴ追分】【愛燦燦】【真赤な太陽】と3曲もやってくれて、満腹。

天童さんはひばりさんのことが超超リスペクトで大大大好きなんやろうなぁという事が伝わってきた。



愛燦燦で泣いた。こないだ行った北島三郎最終公演ぶりに泣いた。。




天童さんの曲も良かったけど、ひばりさんの






愛燦燦の歌詞って、活字を読むだけでもう泣ける。小椋佳さんの作詞。

http://www.uta-net.com/song/31/


2015年2月28日土曜日

TAROTAROTAROU

おととい、Tek Tek Mai(てくてくまい) のサポートとして、活動休止中の僕のバンドOCTAVIOのメンバー・太郎タビオが出るライブを観に行った。大阪・南森町の雲州堂、ここは自分が5年前に初めてイベントを企画した場所なのだ。















二人のライブが始まり、太郎は終始隆々とうねってたくましい起伏と聴かせどころを散りばめた流麗なギター。歌と会話してるようで、ほんとに生き物のようだった。(序盤は目が泳ぎまくっててこっちまで緊張したけど笑)





















イベントが終わって、バンドのライブをよく見に来てくれてたカマタくんや旧友N'djamanen;jamenaの二人とも久々に会って宴会。勢い良く酔っぱらった僕は手帳やノートや何やかんやが入ったでかいリュックサックをそのまんま置き忘れて帰ってた。笑 (翌日取りにいった。)






















OCTAVIOでジャンベを叩いていた太郎は今本職のギターを弾き、太鼓や鉄琴を叩いて歌っていた僕は今打ち込みと歌で騒がしく走り回り、ギターを弾きながら唱えるように歌っていたもりっちは今アコギにループマシンを噛ましてラップをしている。
ギターを弾いてた小島くんは今ひたすら山に登っている。それぞれが別々のやり方で人生やってる。新しい自分や本来の自分と向き合いながらやりたいようにやってる。

そんなOCTAVIOメンバーのもりっち(森本ショーン)と僕(OBUTSUDAN-SUMINO)はそれぞれソロで『ABENO CIRCUS'15』というサーキットフェスに出ることが決まった。
バンドが活動休止になって音楽の現場で顔を合わせることが無くなってから初めて同じイベントに出る。

ホフディランや髭、cinema staff、スムルース、GAKU-MCなどなど、かなり有名な人たちも名を連ねる中、とにかく絶対に負けないライブをする。何に負けないかってそれは自分自信。同じ現場でビッグネームを打ち負かすくらいの気概は必要だけどそれだけの勝ち負けならそこまで大事じゃない。自分自信の今までのベストや限界に負けない。
そして来てくれる観てくれるお客さんには最高の一日だったと思ってもらえるよう全力で楽しんでもらいたいと思っておるのです。
って、なんだか重苦しい書き方になったけど僕はどんだけ外が寒くてもTシャツ短パンワイヤレスマイクのいつも通りの格好でやります~。3月末だからもう温かいかもね。

主催チームから前売券を預かっているので僕に連絡をくれたらチケットぴあやローソンチケットを通しての手数料や手間も無く僕から直接買えます。

ゆえに、どしどし来てねえ。
==============




















3/29(日)【大阪】@あべのROCK TOWN/安倍乃荘/CAFE & BAR色s
『ABENO CIRCUS ’15』
ROCK TOWN OPEN:14:00 START:14:00
安倍乃荘 OPEN:12:00 START:13:00
CAFE&BAR色s OPEN:12:00
【前売】4000円 【当日】4500円(別途ドリンク代600円必要)
【LIVE】
(((ROCK TOWN)))
-エレファントステージ-
髭/cinema staff/THE BOHEMIANS/MAMADRIVE/THE TOKYO/スムルース/ZILCONIA/LIGHTINGALE/あこがれGoodBye
+Secret Guest!!!→ザ50回転ズ
-モンキーステージ-
ゲッカンプロボーラー/その名はスペィド/ANALOG4/OBUTSUDAN-SUMINO/ELECTRIC MAMA/DJ智-tomo- twin DJ PETTER/BLUETREExxx/TAIKI*/Key Toy's
(((安部乃荘)))
-ベアーステージ-
ホフディラン/GAKU-MC/ワライナキ/秋休/cice/gomes with ピルバグス/TAISUKE/みのべありさ/北川達也(LUCKDUCK)/ポンバシwktkメイツ
-ラビットステージ-
大谷 卓磨/HAPPY WEST STUDY/香音/堀望美/森本ショーン
etc...
【会場】
ROCK TOWN  大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1 あべのキューズモール4F
安倍乃荘 大阪府大阪市阿倍野区松崎町2-2-25
CAFE&BAR 色s 大阪市阿倍野区松崎町2-3-15 メゾンイズミ1F
【INFO】
主催
creative works SHOCKS/CAFE&BAR 色s/ABENO CIRCUS実行委員会
http://www.abenocircus.com
https://www.facebook.com/abenocircus
チケットは  obutsudan_sumino@icloud.com
まで(フェイスブックメッセージ、コメントなどでもOKです)

【GOODS】 『I Love MAMESHIBORI Tシャツ』(2015/2/28更新)

ジャパニーズカルチャーをキュートめに発信すべく、去年のI Love SUSHIてぬぐいに次いで、
『I Love MAMESHIBORI Tシャツ』というものを作りました。

日に日に近づく年の瀬、大晦日の夜に108つ鳴らされるとされる除夜の鐘の数に合わせて108つの豆を手書きしてみました。。発売前から可愛い可愛いとほんのちょっとだけ話題です。

カラーバリエーションは豆絞りスタンダードな白×黒に加えてピンク/ブルー/グリーン/イエローも作りました。(カラフルバージョンは数が少なめです)

※(豆絞りとは?)主にてぬぐいに用いられ、阿波踊り、どじょうすくい踊りなど各地のお祭りなどでお馴染みの日本の伝統的なデザイン、模様のこと※

ぜひ着ていただきたい一品です。






























『I Love MAMESHIBORI Tシャツ』
¥1500(税込)
S/M/L(男女共通サイズ)

※出演ライブ会場にて2014年11月29日から販売














〇:在庫あり
×:売切れ


(((通販開始します))) ※2014/12/11更新

通販ご希望の方は


【郵便番号/住所】

【電話番号】

【氏名(カナ)】

【色/サイズ/枚数】


を記載の上、

obutsudan_sumino@icloud.com まで ご連絡下さい。
(もしくは右側にあるMAILフォームからご連絡下さい。)

のちほどお支払の詳細を返信致します。

(銀行振込 [UFJ・りそな・ゆうちょ]/送料1枚あたり164円+振込手数料ご負担になります)



2015年2月24日火曜日

MISONO



一昨日は千日前・味園ユニバース

溺れたエビの検死報告書やザ・たこさんの凄まじいライブを観て、犬PP師や谷口くんなどなどの超絶カレーを食べて、タメリ倶楽部のハッピーな締めでお腹いっぱいになりイベント終了。

そう、この『口癖はカレー』は前回、去年7月に出演させてもらったイベントの第二弾。
チケット完売でおそらく700人越えくらいの人がひしめき合う中、今回はお客として行ってきたのだ。味園ユニバースでライブをしたのがその去年の時が初めてでそれ以降はまだない。

ここは会場の持つ雰囲気と大型キャバレーとして刻んできた歴史とその歴史から来るニオイと味みたいなもんと、舞台の広さと装飾と、照明と、客席の昭和バブリーなソファーや電飾などなどいろいろ最高。楽屋に貼ってある歴代の奇妙でイケイケな写真もこれまた最高で、今からでは到底作り出せないであろう飛び抜けた空間になってる。

初めて中に入ってからまだ浅いけど完全に惚れてしまい、何度でも訪れたいと思う場所になった。





















この日会場を出る時に残ったのは、やっぱりこの舞台にまた立ちたいという想いやった。
負けられへん!やるでやるでやるで
修行と勉強の日々でございやす

2015年2月20日金曜日

SEISAKU

作りたいものが溜まってる!映像、音源、アー写、バンド。

そして歌いたい歌や触りたい楽器も溜まってる。

自由な時間を減らしてみたらその分熱が上がってきた。Mか?

良い兆し。

2015年2月19日木曜日

PANCHAN


去年とある先輩に薦められたのをきっかけに興味を持って、小型のスティールパン(という南米生まれの楽器)を買いたいなと思っている。

前々から音自体はすごく好きで、OBUTSUDAN-SUMINOの打ち込み主体の音源の曲にも入れてみたいと思いつつ、自分でやってみようと思っても一台20万円くらいする本物には手が出ず、販売されているサンプリング音源も良さげなのが見つからず、フリー音源はシンセで似せてある音色がチープすぎて全然味が出えへんなー、、と思ってた。

最近は弾き語りベースでアコースティック編成の宅録も再開し始めてることもあって、小型のを買ってみようとなったのだ。

そのとある先輩からはサポートミュージシャンできるくらいになったらええんちゃう!?と言われてるけど、それはめちゃくちゃ深くて長い道のりになりそう。

バンドで使ってたグロッケン(鉄琴)もマレットで音階を打つ楽器けど全然感覚違うやろうな。けどそれくらい魅力的な楽器だと思う。


楽器屋やネットを探してもミニサイズはなかなか売ってなくて、こないだやっと取り寄せできる店を見つけました。あとは色、、赤にしようか白にしようか最終迷い中。。しかし、


新しいことを始めるときゃ~わくわくするなあ。。



9音:C~D(C‐スケール)スタンド、マレット付 12960円(税込)
http://www.shimamura.co.jp/l-kawasaki/index.php…





これはおそらく本国の人たち






2015年2月7日土曜日

KAKAROTTO

最近、時間があったのでふと立ち寄ったTSUTAYAで何の気無しにドラゴンボールの一番新しい映画を借りたら、そこから見事にハマってしまい。

ドラゴンボール熱が20年ぶりくらいに再燃している。

毎日毎日、寝る間も惜しんで原作コミックを読んだり、youtubeを見たり。
酷いハマりようである。かっこよくて強くてアホで、泣ける。


修行すれば絶対に強くなる。


という教訓を受け取って糧にしてる。

修行、してますよ。体力づくりと歌唱トレーニング。

ほんとだよ。強くなりたいZ!

2015年2月5日木曜日

(((LIVE SCHEDULE))) 2015.2 ※2/5 更新

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2/11(水・祝)【大阪】@扇町para-dice (acoustic)

ASAYAKE01プロデュース圧倒的アンプラグド

OPEN 19:00  START 19:30

【前売/当日】 1500円 (+1drink)

【LIVE】
ASAYAKE01
footloose
OBUTSUDAN-SUMINO(弾き語り)

【会場】〒530-0041 大阪市北区天神橋4-7-30 B1
06-6357-4681
http://para-dice.net/index.html

【INFO】
場内禁煙で空調も消し、静まりかえった空間の中、ライト一本で全出演者が客席と同じフロアで完全"生音""生声"演奏。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2/14(土)【香川】@高松TOONICE (laptop solo)

"試験管音楽の夜 Vs 爆裂呑み部 バレンタインの夜に捧ぐ"

OPEN 18:30  START 19:00

【前売】1000円 【当日】 1000円 (+1drink)

【LIVE】
OBUTSUDAN-SUMINO
フルイカズキ
ミッチーサンボラ
宮武 孝季(tonari session's)
IKB48
黒子憔

【会場】香川県高松市亀井町8-8 森崎ビル B1F
http://impulse-records.main.jp/toonice/

【詳細】
http://impulse-records.main.jp/toonice/?p=2985

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※会場名をクリックすると地図が表示されます※
チケット予約、お問い合わせは

obutsudan_sumino@icloud.com

もしくは右記の お問い合わせフォームからお願いします。

2015年2月1日日曜日

ENKAI

去年の韓国ツアーの2日目に弾き語り2マンライブとして共演した
フェギドン・タンピョンソン

が大阪に前乗りして次の日京都でライブだというので、宴会を開いた。

OCTAVIO、psybavaメンバー、矢谷ウメ子さんをはじめ、急な誘いだったけど音楽の友達たちがいっぱい集まってくれた。

「パーティ」というのは何となくこっぱずかしいのやけど、「宴会」と言い換えると妙にしっくりくる。


パーティーピーポー=宴会人間たち

ということにしておこう。

2015年1月18日日曜日

MONKEY MONK

生活の中ですぐに文句を言う人のたいていは

自分に選択の余地があったにも関わらず

「強制的に」とか「無理やり」とか「詐欺だ」


などと都合の良い言葉を並べて悪意の無い相手に責任をなすりつけて優位に立とうとする。

自分で選んだことに責任持てよ。それでも大人かよ。





、、、、、、、



偉そうなことを言いました。m(_ _)m

ANZENKEN

都合よく楽して安全圏から無いものを得しようとしてる人が多すぎるんじゃないか。

身を切る覚悟が無いと得られるものなんてほとんど無いよな。

政治が悪いとか国がとか言うけど、その元凶は国民ひとりひとりの人間性にあるんじゃないかと最近良く思う。景気も平和も。

そうでなければ文句言えることなんてほとんど無いよな。自分次第でどうにでもなる。

そうであれば文句を言わなきゃいかんことはいっぱいあるよな。このままではあかん。






、、、、、、、、、、




偉そうなことを言いました。m(_ _)m

2015年1月16日金曜日

HADASHI-GEN

冷静になったらいろんな観点で考えて納得してしまうと思うから、感情が薄れない内に正直な感情論を書いておく。

サザンオールスターズの桑田さんがライブパフォーマンスについて謝罪文を出したという記事を読んだ。

謝罪なんかいる?


もし謝罪が必要だとすれば、それは桑田さんの判断で天皇陛下と関係者に直接非礼を詫びればいい。
非礼は非礼だと思う。貰ったものを卑下して笑いを取るのは下品だとは思う。

けどこの件に批判が集中して公式に謝罪せなあかんようになる世の中なんか閉塞感満点のクソじゃないかあ。


桑田さんがエンターテイメントとして人を楽しませたい気持ちでやってるってことなんてすぐわかるし、これくらいのやり過ぎは許容できる世の中であればいいのになあ。


というか、周りがとやかく言うような出来事でも無いと思う。褒章をもらったのは桑田さん自身であって、批判する人たちが同じように功績を讃えられて貰ったものでもないんだから。


テレビはどんどん表現の幅が狭くなっておもしろくなくなるし、図書館からはだしのゲンがなくなったり、いったいどうなってるんだ。狂ってる。




2015年1月8日木曜日

音楽と演劇の年賀状展に出展しました。

((((( 展示のお知らせ )))))










今年も『音楽と演劇の年賀状展』という催しに年賀状を出展させていただきました。
もう4年連続なので毎年末恒例の制作行事な感じになってきてうれしいです。

例年に引き続き今回も宛名、住所、裏面もなにもかも全てクレヨンで書いてます。
宛名と住所なんてカラフルで極太なクレヨンで書くとめちゃくちゃ読みにくい文字になっちゃうんですけど、ポストに投函したらちゃんと毎年届いてるんですよね。。

今週日曜日から他のいろんな音楽&演劇の方々が描いた年賀状たちと共に大阪・名古屋・埼玉の3箇所を旅します。
よかったらぜひお立ち寄り&探して観て下さいね。


(以下詳細です)
==================
「音楽と演劇の年賀状展5」
年賀状はアートじゃない。
でも、どうしたって送る人の個性がにじみでてしまう。
じゃあミュージシャンとか役者とか、ライブの現場の人たちの年賀状ってどんなのなんだろう。
というわけで、音楽や演劇やってるみなさんの年賀状をお披露目する展覧会です。

【大阪】梅田 OZC GALLERY
2015年1月11日(日)~25日(日)
http://www.ozczokei.com/gallery/

【埼玉】東川口 senkiya
2015年1月31日(土)~2月15日(日)
※期間中休廊日あり。日程が確定次第、サイトで告知いたします
http://www.senkiya.com

【名古屋】大須 サイノメ
2015年2月28日(土)~3月8日(日)
※3/3(火)、4(水)はお休み
http://atelier-mongol.com/psy-no-me/blog/


ひつじ(2015)↑
↓うま(2014)




たつ(2011)